学習塾の日記バックナンバー

  1. トップページ
  2. 大成しよう! 2016年
2016年12月28日
今年一年、泰成スクールへの格別のお引き立てを賜り、誠に有難うございました。今年も無事に一年を締めくくることができますことを、皆々様に重ねて御礼申し上げます。

1月の授業開始は以下のようになっております。間違えることの無い気をつけて下さい。
中学3年生 1月5日(木)
中学2年生 1月6日(金)
中学1年生 1月5日(木)

さて、平成28年度公立高校入試は、入試制度の変更と共に受験生諸君もいささかの戸惑いを感じておられると思います。我々といたしましても、問題配分や配点、推薦制度の変更に対する十分な対策を講じていく所存でございます。

何卒、来年もより一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。それでは皆様、良いお年をお迎えください。
学習塾 塾長
2016年12月26日
冬期講習が始まりましたね。中学3年生の皆さんは、「この短い休み期間をどう使うか」が特に重要です。何故なら、この休み明けには総合テストがあるからです。入試対策と並行して、自分のやるべきことをしっかりとこなしましょう。

中学1・2年生の皆さんは、授業としてはどんどん進んでいくことになります。学校との学習進度に少し開きが出ますので、小テストを1回1回きちんとこなしていきましょう。

小テストは単に実施している訳ではなく、少し前の内容を出題することで「塾で行った授業の確認をさせる」という意図があります。(特に数学は) 小テストで知識をしっかりと定着させておけば、学校での授業が確認や復習の場となります。その場しのぎの勉強ではなくて、「完全に身につける」というつもりで勉強に取り組むことがベストです!
学習塾講師 稲垣充
2016年12月21日
ついこの間始まったと思っていた二学期も終了しますね。当塾でも、本日より「冬期講習」が始まります。(特に中学3年生の皆さんは)通常の授業とは時間帯が違いますので、間違えることの無いように気をつけて下さい。中学3年生の授業は土曜も含めてほぼ毎日あります。大変でしょうが、この冬休みがラストスパートだというくらいの気持ちを持って、一緒に頑張りましょう。

そして、今月末には「全県模試」も実施されます。中学3年生の皆さんにとっては、これが入試前に受けられる最後の模試となります。この模試に関しては、志望校を決定する上である程度の「指標」となる意味合いが強いです。この点から考えれば、今まで受けてきた模試とは少しだけ違ったものとも言えますね。

ですが、これで結果が決まってしまう訳ではありません。あるスポーツ選手の言葉を使わせてもらうなら、入試当日までまだまだ「伸びしろ」はあるということです!以前にもお話ししましたが、直前の時期だからこそ模試の結果を弱点補強の為に大いに活用して下さい。
学習塾講師 稲垣充
2016年12月16日
先日のことですが…数学の小テストの直しを提出してもらった際に、途中式を書かずに提出してきた子が何人かいたので「きちんと書いて提出し直すよう」に指示をしました。塾のテストに慣れたからなのか、最初にきちんと出来ていたことが疎かになるようではいけません。勉強は基本的には積み重ねが結果として現れるものです。

小うるさく聞こえるかもしれませんが、普段のこういうことからきっちりとこなしている子ほど本番での結果を残しています。テストの答案を見ていると、普段集めている宿題ノートなどでみられる細かい差が、テスト結果には歴然とした差となっていることがよく判ります。

「あの子は元々出来が良いから…」「自分はそこまでやっても…」などと考えるのではなく、自分でも出来るもう一歩を実践してみましょう。やはり、結果を残している子にはそれなりの理由があるものなのです。ちょっと厳しい内容になってしまったかもしれませんが、これも「満足のいく結果を出したい」と考えるのであれば必要なことです。分からないことや聞きたいことがあれば遠慮なく相談してくださいね。
学習塾講師 稲垣充
2016年12月13日
私事ですが…骨折をしてから約2ヶ月が経過しました。定期通院の診断では、「まだ骨はくっついていませんね。長い人なら3〜4ヶ月はかかりますので、辛抱してじっくりと治していきましょう」と担当医の先生から言われました。半分はショック、そしてもう半分は開き直りの心境といったところです…。言われた通り、「じっくり治療していくしかないなぁ」という気持ちです。

皆さん…特に中学3年生の皆さんに申し上げたいことは、「確かに時間は少なくなった」ということです。「あぁ…このままの勉強法でいいのだろうか?」「復習をするにはもう時間が足りない!」などと気持ちばかりが焦っているのではありませんか?でも、焦ってばかりでは勉強もなかなか頭に入っていきません。とにかくじっくりと腰を据え、一つ一つの知識を確実に積み重ねていきましょう。そして、試験当日に力が発揮できる日々の努力をして下さい。

最近本当に寒くなってきましたが、風邪など引かぬように体調にも十分気を付けて下さい。今年も残すところ半月余りです。「終わり良ければ総て良し」ですよ!
学習塾 塾長
2016年12月9日
先日…いつものお店に髪を切りに行った時の話です。いつも担当してくださる店長さんと音楽の話をしていたのですが、「この前、塾生と雑談している時に驚いたことがあって…今の子どもたちってGLAY(私がよく曲を聞いていたロックバンド)を知らない子がいるんですよ」となんとなく伝えたら、「え!?本当ですか?僕らの世代(20〜30代)では知らない人がいないってレベルなのに…」と驚いたご様子でした。

他にも「同じアーティストの楽曲でも我々と10代の皆さんでは”懐かしい曲”に世代的なズレがある」なんてことでも話が盛り上がりました。例えば、Mr.Childrenの楽曲を例に挙げるなら、私たちにとっては90年代の曲がそれに当てはまります。けれど、私たちからすると少し前(下手したら最近)の2000年代後半の楽曲が、10代の皆さんにとっての懐かしい曲になるようなのです。…軽くショックですね。(笑)

「けど、そう考えると時間なんてアッという間に過ぎるものですね」「いつの間にか、こういうギャップに衝撃を受けるような年齢になったんですね」なんて会話をしつつも、若い皆さんと接するのは普段感じないような色々な刺激があって良いものだなと改めて思いました。

先ほどもお話ししましたが、時間なんてアッという間に過ぎてしまいます。皆さんも若さにかまけて時間を無駄にしないようにして下さい!
学習塾講師 稲垣充
2016年12月6日
早いもので、今年も残り一ヶ月となりましたね。「終わり良ければ総て良し」とも言います。勉強や部活、遊びなどでやり残した事がないようにして下さい。

さて、間もなく中学3年生の皆さんの中から希望者を対象に、「冬期三者懇談会」を実施する予定です。これからの進路を決定する大切な話し合いを行います。公立にすべきなのか、それとも私立にすべきなのか…と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?進路で悩まれているようでしたら、どんな内容でもご相談に乗らせていただきます。ご希望の方は、先だって皆さんに配布した「三者面談希望調査書」をご提出下さい。

進む方向は人によって色々と違っていると思われますが、「一度決めた以上は後ろを振り返らずに前を向いて進むんだ!」と心に決めて突き進んで下さい。努力をしない人は負けてしまいます。ラストスパートだと思って、精一杯の努力をして下さい。私たちも皆さんの努力に対して、「してあげられる最後のバックアップだ」という想いでサポートさせていただきたいと思っています。

自分にとって、残された時間で何ができるかを考え、それに向かって頑張りましょう。
学習塾 塾長
2016年12月2日
期末テストが終了し、そろそろ皆さんの手元にもテストの結果が返ってきたのではないでしょうか?毎度のことですが、終わってしまったテストの点数はもう変えることはできません。なので、各科目の足りなかった点をしっかりと確認しましょう。

対策期間中に自分がやってきたことの中でテストに活かされた点があれば、次もぜひ継続してください。必ずあなたの力になります。また、テストが終了してから「文法は分かったけど、単語をもう少しやっておけばよかった!」「用語は分かるけど、漢字が出て来なかった!」など、個人個人で気がついた点が色々あると思います。次のテストで同じミスをしない為に、「何をしていけばいいか」をしっかりと考えて下さい。そして、それを普段の学習の中できちんと意識していくことがベストです。

「テストを見返してみたけど、なかなか悪い点が上手く見つけられない…」なんて人や、アドバイスの欲しい人は遠慮なく相談に来てくださいね。そして「まだ見直してないから、把握できていない…」なんて人は急いでやってください。後からだと、対策として具体的にやったことで忘れている部分もあるかと思います。なので、記憶が新鮮な今のうちにやっておきましょう!
学習塾講師 稲垣充
2016年11月29日
期末テストも本日で終了ですね。皆さん、お疲れ様でした。テストが終わってホッとしているかもしれませんが、中学3年生の皆さんは先日返却した「全県模試」の結果をしっかりと確認し、本格的な入試の勉強に取り入れていきましょう。

さて、今回のテスト期間中も私の担当クラスでは小テストを何回も実施しました。中には追試になってしまう子もいて、なかなか苦労している様子が伺えました。見ていると、追試になった子の答案には大きく分けて二つパターンがありました。

1.合格まであと少しの答案
2.まったくボーダーに届いていない答案

この1と2の答案の出来具合に大きな差が付いていることがほとんどです。もちろん、勉強した結果だとは思いますが、残念ながら2に該当する場合は厳しく指導することもあります。

塾や学校の宿題に加えて小テストの勉強をするのは大変だと思いますが、これらの小テストは定期テストに必要な勉強の一環として実施しています。何も皆さんを苦しめる為にやっているわけではないのです。小テストをしっかりとやっていれば、結果的に勉強する手間が省け、他の事に時間を充てることもできます。

どのみち同じことしなければならないのならば、小テストを「受けさせられている」と考えるのではなく、テスト勉強に活かすために「利用する」と考えてみてはどうでしょうか?
学習塾講師 稲垣充
2016年11月22日
今まさに期末テスト対策真っ最中の中学生の皆さんへ…私、塾長が皆さんに申し上げたいことは「出来ないことをやれ!」ではなく「できる事を精一杯やりなさい!」です。言葉で言うのは簡単ですが、いざ実行となるとこれが難しいことなのです。

もちろん中学3年生の皆さんは、これが最後のテストではありません。3学期も学年末(総合)テストがあります。しかし、この期末テストの結果で私立の推薦は決定するようなものです。そして、公立は6〜7割で決まると思ってください。ですから、くれぐれも「あ〜あの時、もっと一生懸命やっておけば良かった…」「もっと先生や親の言う事を耳に入れ、努力しておけばよかった…」など、絶対にそんな事にはならないようにして下さい。それこそ「後悔先に立たず(既に終わったことを、後からいくら悔やんでも、取り返しはつかないという意味)」です。

最後に…本当に寒くなってきましたが、無理をして体調を崩さないようにして下さい。いくら頑張っても体調を崩してテストに支障をきたすようでは、折角の皆さんの努力が台無しです。十分に気をつけて下さい!
学習塾 塾長
2016年11月18日
面談会も無事に終了しましたが、今回の面談会で少し気になったことを少しご報告させていただきます。

非常に残念なことですが、塾での配布された連絡物(主に書面のもの)を親御さんにきちんと渡していない子が何人かいました。中にはカバンに入れっぱなしにしている子もいました…。もちろん、きちんと渡している子がほとんどだとは思いますが、やはり誰しもウッカリなんてことはあります。我々としましても重要な連絡物を配布した際はこちらの「大成しよう」でも適時ご連絡していきますので、お手数をおかけしますが何卒ご確認をお願いします。

さて話は変わって、いよいよ二学期期末テストの対策期間となりましたね。各自、配布された時間割に従って、日時を間違えることの無いように気をつけて下さい。中学3年生の皆さんは、定期テストも残りわずかです。結果に悔いが残らないように、「今できること」を精一杯やりましょう。

寒くなってきたせいか、最近では塾にマスクを付けてくる子が何人か見られます。以前にもお話ししましたが試験当日に体調を崩してしまうと大変ですから、普段の生活から気を付けておくのは良い心構えだと思います。
学習塾講師 稲垣充
2016年11月15日
ついこの間、2学期の中間テストが終わったと思ったら…もう来週には期末テストですね。中学生の皆さん、準備は進んでいますか?

しかし、本当に早いものですね。「少年老い易く、学成り難し(月日が過ぎるのは、思いのほか早いが、学問はなかなか成し難いという意味です)」と言いますが、全くその通りですね!時間はアッという間に過ぎてしまうものです。時間は誰にでも平等に与えられています。だから、それをどう使うかはそれぞれに与えられた特権です。

一日、いや一時間、いや一分を懸命に生きる人。そして、そうでは無い人。長い人生を考えれば、当然その差は大きなものになると私は思います。時間はどれだけでもあるものだとついつい疎かにしがちですが、皆さんも時間を大切にして下さい。
学習塾 塾長
2016年11月10日
現在実施中の面談会も、おかげさまで滞りなく進んでおります。お忙しい中、当塾まで足をお運びいただきありごとうございました。面談でお話しさせていただいた内容が、ご家庭での今後の学習指導の一助となれば幸いです。また、これから面談が控えている保護者様におかれましては、ご足労をかけますがよろしくお願いします。

面談では「塾の宿題や小テストの勉強ばかり必死にやっていますが、他にも何かやらせた方がいいですか?」といったご相談を数多く受けますが、その場合には「もちろん、余裕があればチャレンジしてみて下さい。どういった事をすれば良いか迷うことがあれば、相談に来るようお伝えください」などとお話させていただいております。

宿題に関して、私のクラス(特に、英・数クラス)では毎回それなりの量を課しているのに加え、小テストも並行して行っております。かなり大変でしょうが、より良い結果につながるものだと信じ、心を鬼にして課してきました。今回、上記のような内容に加えて「塾で小テストや宿題を真面目にやっていたおかげで学校のテストがある程度、余裕をもって取り組めた」というお声も頂戴しました。普段の努力が皆さんの力になっているようで、私としてはこれ以上ない喜びでした。

さて、来週末(11月17日予定)から2学期期末テストの対策週間へと入ります。来週には時間割を配布しますので、日時など間違えないように気をつけて下さい。塾の対策期間のスタートは来週からですがテスト直前に慌てないように、少しでもいいので苦手分野は今のうちから手を付けておくと良いかもしれませんね。
学習塾講師 稲垣充
2016年11月7日
本日から、当塾では「秋期保護者面談」が実施されます。日頃あまりお会いすることのない保護者様と、率直な意見交換をする貴重な機会です。当塾では「春期保護者面談(全員参加)」「夏期直前三者面談(中学3年のみ)」「秋季保護者面談(希望者のみ)」といった具合に、年に三回保護者の方々とコミュニケーションを取っていますが、そんな数ある面談の中で私の記憶に残っている会話ベスト3をご紹介させていただきたいと思います。

保護者様1
「先生、家での勉強を全くやっていません。宿題はちゃんとやって、塾へは行ってますでしょうか?」
保護者様2
「余り“勉強しろ!”と小言を言うと喧嘩になるものですから…」
保護者様3
「塾に行っていることで本人は十二分に勉強したつもりでいます。なので、それ以上の努力をしようとしません」

我々はその子の性格、価値観、交友関係などを含め、総合的に判断してアドバイスをさせていただいておりますが、最終的には「子供たち自身」に考え直させる機会を作ってあげることがとても重要だと思います。「テストが迫っているのよ!やらなきゃ!」「あなた、またテレビを観ているの!?もういい加減に勉強しなさい!」等々は、私としては禁句だと考えております。

「何が子供たちを勉強へと向かわせないの」「何が足かせになっているのか」…それを考えることが大切です。それを私たちと一緒に考えていきましょう。
学習塾 塾長
2016年11月4日
昨日、中学3年生を対象とした「第4回全県模試」が実施されました。祝日の早い時間からの実施でしたので少々大変だったでしょうが、手ごたえはどうでしたでしょうか?今回の模試には、夏に受けた模試の反省がちゃんと活かされていると良いですね。

塾生の皆さんと模試や入試を視野に入れた勉強の話をすると、「どこから手を付けていいやら…という声を数多く聞きます。こういった質問には、「まずは模試や学校で受ける実力テスト(これは校内偏差値が出るようなテストのことです)を見直すと良いよ」とアドバイスをしています。こういったテストは学習した全範囲から問題が作られますので、各教科の弱点が分かりやすいです。弱点分野の勉強をしていると、その分野を勉強していくにあたって更に勉強しなくてはいけないことが自然と見えてきます。

「一から十まで全て完璧にやらなくちゃ」と気負うと嫌になってしまいますから、やれることから少しずつコツコツとやっていくのが一番です。もし何か困ったことあれば、遠慮なく相談してくださいね。
学習塾講師 稲垣充
2016年11月1日
骨折をして、間もなく3週間が過ぎます。どうにか痛みは出てこなくなりました。(動き過ぎなければですが…)

しかし、松葉杖をついての歩行は大変な苦痛と不自由さが重なって、ストレスが溜まります。授業中、定規を使って図を黒板に書く時は片足で立って書かざるを得ません。また、黒板消しを使用する際にとっさに右足(骨折した方の足)をつくと、流石に痛みが走ります。本当につらいものです…。

そんな苦しい日常生活の中でも悪い事ばかりではなく、多くの喜びや有難み、愛情を感じる事がありました。それは「家族」です。私がどこかへ移動しようとすると、「何が欲しいの?何がしたい?」などと必ず声をかけてくれます。食事の時も、家族みんなが飲み物やご飯、おかずを先回りして用意してくれます。数えていたら切りがありません。まさに「災い転じて福となす"Good comes out of evil"」といったところでしょうか。(自分の身に降りかかった災難や失敗が、自分の役立つものになったり、幸福に転じたりするという意味です。)

皆さんも、普段身近にいてくれるご家族やその他多くの人々の存在を、「当たり前」のように思っていないでしょうか?その存在に感謝しましょう!そして、お互いに助け合う気持ちを持って下さい。「愛」が大切です。
学習塾 塾長
2016年10月28日
近頃、寒くなってきましたね。急な気温の変化で体調を崩さないよう、気をつけて下さい。特に、中学3年生の皆さんは入試までのシミュレーションだと思って、今の内から体調管理に気を配っておくといいかもしれませんね。試験や定期テストで体調を崩したなんて事になったら大変です。せっかく頑張ってきた事が本番で上手く発揮出来ないなんて悔しすぎますからね…。

さて、来月より当塾では希望者を対象に「秋季面談会」を行います。各学年で色々とお話しする内容も違ってくるとは思いますが、普段お子様が塾でどういった勉強をしているのかをご説明させていただいたり、これから先の進路や学習についてのご相談をにお答えしたりなど、大切なお話をたくさんさせていただくと思いますのでどうぞふるってご参加ください。
学習塾講師 稲垣充
2016年10月25日
先週でようやく中間テストが終了しました。皆さん結果を受け取り一喜一憂していると思われますが、その結果を次の期末テストに繋げられるかによって大きな差がついてきます。…さて、今回の中間テストで満足のいく結果が得られなかった人!あなたの感想としては、下の1〜3のどのパターンに該当しますか?

1.このままだと大変な事になる。今からこの中間テストを反省して、次は絶対に失敗しないぞ。
2.まぁいいか。次のテストで頑張ればいいし。
3.もうやっても無理だ…だから、宿題だけやればいいや。

考え方として「100%満足のいく結果を得られた」という人は、そう多くないと思います。ですから、次の段階を考えて行動することは、非常に大きなことなのです。勉強にしろ、スポーツにしろ、仕事にしろ…です。以下は非常に有名な話の引用ですが…

昔、元横綱の曙さんが温泉へ旅行した時のことです。旅館近くを歩いていると、坊主頭の少年がうずくまって泣いていました。

曙:「どうしたの?」
少年:「実は、野球の試合で僕がスクイズに失敗したせいでチームが負けてしまったんです」
曙:「相撲の世界では”負けて覚える相撲かな”という言葉があるんだよ。僕だって負けて落ち込むこともあるけれど、いつも勝ちっぱなしの人生なんて無いよ」
少年:「ありがとうございます!元気が出ました。頑張ります」

少年は笑顔でその場を立ち去りました。その後、数年の時を経て、曙さんはその少年と再会します。…その少年とは、なんとあのイチロー選手だったのです。

後のイチロー選手の言葉に「何かしようと思ったら、恐れず嫌がらずやって下さい。そして、失敗したらその理由を考えて下さい」というものがあります。曙さんの言葉が匂うようなイチロー選手の言葉です。私はこの話を知ってすごく感動しました。先ほどの問いの答えで2や3の感想を持った人は、このお二人の言葉を忘れずに頑張るようにしてください。
学習塾 塾長
2016年10月21日
今回は、中間テスト対策期間中に行った「数学の小テスト」についてお話ししていこうかと思います。このテストは期間中に2回実施したものになりますが、レベルとしては2回とも全問基礎的なものを揃えました。ただし!いつもの小テストとは違い、「満点でのみ合格」という形式です。(いつもの小テストは正答率90%以上で合格。)

何故このような形式でテストを行ったのかというと、「一問一問に対して、いつも以上の緊張感をもって問題に取り組んでもらう」という意図がありました。普段の小テストや宿題で少し難しめの問題をこなしていると、簡単な問題でやってしまったミスを「まぁわかってたし…」とか「今回は、たまたまミスしただけ」なんて甘い認識で済ませてしまう子もいます。

しかし、そんな甘い考えのままテストを受けるなんて危険すぎます。テスト前の時期だからこそ、問題に対する自分の姿勢というものを改めて確認し、面倒でもきっちりと「追試を受ける」という形で自分のミスを自覚してもらう…大事な本番でより良い結果を残してもらう為の良い機会になればと思い、いつもと少し違ったテストを行いました。

今回は数学を例に挙げましたが、他の教科でも「問題をきちんと読まないせいで間違えてしまった…」なんて答案をよく見ます。やはり、普段の勉強に対する姿勢の差が、同じ問題でも「正解」と「不正解」という大きな差となって結果に表れるものなのです。
学習塾講師 稲垣充
2016年10月18日
恥ずかしながら…自分の不注意によって、右足小指の付け根を骨折してしまいました。まだ、骨折して一週間経っていませんので、現在も松葉杖を使い、痛む足を引きずりながら少々不自由な生活を強いられております。

この件に関して私自身が深く反省したところは、「自分の体の動き」と「頭の中での感覚」はやはりズレがあるのだということです。ましてや年齢を重ねるごとに、このズレはより大きなものになります。それから「軽はずみな行動は、時に大きな事故につながる可能性がある」ということも反省しています。

皆さんも気をつけて下さい。特に不注意が引き起こす事態というのは、歳を重ねているとかの問題ではなく誰にでも襲ってくる可能性があります。「気をつけよう、注意散漫とおごり」
学習塾 塾長
2016年10月14日
豊山中学は先日、中間テストが終了しましたね。満足のいく結果が残せたでしょうか?楠中学の皆さんは来週にはテストですね。残された時間は多くありませんが、現段階で各科目の足りない部分をしっかりと把握しておきましょう。

…そうは言っても、「自分に足りない部分がどこかうまく把握できない」「何から見直したらいいのか…」なんて人もいると思います。全科目を一から十まで見直すことが出来ればそれが一番ですが、テストが来週に迫っているこの時期にそれをやるのは時間的にもなかなか難しいですね。そこで活用してほしいのが、塾でテスト対策期間にこなした数多くの問題や小テストです。授業中に添削していく中で間違っていた箇所が何個かあったのではないかと思います。その問題が解けなかった原因をしっかりと考えて下さい。

これは一つのやり方として参考にしていただければ幸いなのですが、私の数学のクラスでは

・計算問題を時間内に解く
・一度解いてもらった後に答えのみを伝える
・間違えた箇所は、正解に至る「正しい途中式」をしっかりと全て書かせる

こんなことを実践しています。こうすることで、自分が何をどう間違えたのかがより明確になります。更に「時間内に終わらなかった場合、次に向けてどう改善していけば良いか」などを考えている生徒さんもいました。

新しい問題に手を出していくのも大切なことですが、一度解いた問題(特に間違えた箇所)をしっかりと分析しないままでは、テストで同じような問題が出たときに対応ができませんよね。もし自分一人で上手く問題がこなせない時は、遠慮なく私たちに質問に来てください。
学習塾講師 稲垣充
2016年10月11日
中間テスト真っ最中のこの時期ですが…皆さん!勉強の方は捗っていますか?(楠中学の人は来週ですね。)

とにかく、基本事項をコツコツと覚え直して下さい。スポーツなどでも言えることですが、「基礎」があってはじめて、「応用」「発展」が成り立つものです。…もちろん、応用問題を解くことも大切なことです。その応用問題ができるように、まずは基本的なところからしっかり見直していきましょう。

今まで出来なかった事が夜寝て朝起きたら突然できるようになっていれば、これ程楽なことはないですよね。でも、現実はなかなか厳しいもので、かのエジソンも言っています。「発明は99%の努力と1%の閃きである」…と。やはり、現実は努力の上に新しい発見があるのです。

テストが終われば一段落しますが、季節的にも過ごしやすく何をするにも一生懸命できる時期です。部活や遊びなど色々なことがありますが、勉強も忘れないようにして下さい。特に中学3年生の皆さんは、今回の中間テストと11月の期末テストが志望校決定の一つの目安になります。悔いの残らぬように、志望校へ向けて努力をして下さいね。
学習塾 塾長
2016年10月7日
間もなく二学期の中間テストの時期ですね。当塾でも豊山中学はすでに今週から、楠中学は来週からテスト対策週間に入ります。普段の授業とは日時が多少変更されますので、間違えることのないように気をつけて下さい。

中学3年生の皆さんは、残された定期テストの回数も多くありません。1学期に満足のいくような結果が残せなかった人は、今回のテストで頑張って巻き返しを図りましょう。

さて話は変わりますが、ここ何日かで9月に返却した模試を未だにカバンの中に入れっぱなしにしている生徒さんを何人か見かけました。ちゃんとお家の方に見せるように言いましたが、はたしてきちんと見せているでしょうか?

以前にも述べさせていただきましたが、まだまだ「受けただけで満足」している人がいるというのは悲しいですね。せっかく大事な時間を使って受けたものですから、今後の為に活用していきましょう!
学習塾講師 稲垣充
2016年10月3日
今日は9月5日の日記でも触れました、自転車走行の計画のお話です。先日(9月25日)に自転車仲間と共に「知多〜渥美ツアー」へ行ってきました。現在、師崎〜伊良湖のフェリーは廃止されているので、伊良湖へ渡る方法としては、まず高速艇で篠島へ渡ります。更に、そこで別の高速艇に乗り換えて伊良湖へ渡るといった経路になります。

当日…日曜日ということもあってか、師崎港(知多)の乗り場は多くの人たちで賑わっていました。釣りに行く人、観光に行く人、家族連れ、団体さんと様々な人たちでした。私も篠島という島は聞いたことはありますが、実際に上陸するのは初めてです。

自転車ライドこちらが篠島の観光ガイドの看板ですが、思ったよりも大きな島だというのが感想です。今回はゆっくりと観光できなかったので、次に行くときには美味しい魚などを食べたりしたいと思っております。

さて時間にして約45分、アッという間に伊良湖に到着です。そして、そこから2時間余りかけて40kmほど走った後に電車に乗り込み、名古屋に帰ってきました。総走行距離は約120kmと長距離でしたが、前回の夏の暑い時期とは違って比較的楽なサイクリングでした。

やはり、走り切ったという達成感は何ものにも代えがたい喜びです。いつもお話ししていますが、「一度心に決めたら実行する」という決意を常に持ち続けてください。そして必ず実現させてください。「有言実行」です。

学習塾 塾長
2016年9月29日
先日、「全県模試」の結果が返却されましたね。皆さん、結果はどうでしたか?また、保護者様は結果をご覧になられましたでしょうか?まだご覧になっていないという方がいらっしゃいましたら、一度お子様に確認してみて下さい。(全県模試に関しては8月30日の日記でも触れておりますので、もしよろしければお読みください。)

さて、今回は私が担当している中学3年生のクラス(社会)で実施した、小テストに関するお話です。実施したテストは歴史分野のものになりますが、一問一答式の問題で中学1〜3年生で学習した全範囲から出題しています。また、内容に関しては夏期講習の期間中、授業内に添削したプリントをベースにしたものとなっております。…もちろん、テストの問題文はプリントのものから多少の変更を加えてあります。当たり前のことですが、問題文と答えをそのままで出題しても実力はつきませんので…。

テストは全部で3回行いましたが、合格率は概ね70〜80%といったところでした。正直、物足りない結果です。やはり、テストを行う意味を理解できている人とそうでない人がいて、テストの出来そのものにもかなりの差がありました。特に、今回のテストは「入試の勉強のための準備」という意味合いが大きかったのですが、「ただ目の前のテストを合格すれば良い」という感覚でこなしている人は、小テストの結果も模試の結果も芳しくなかったのではないでしょうか?

意味のない小テストなど絶対に実施しません。これは学年に関係なく言えることです。せっかく時間をかけて勉強した内容が応用できないともったいないですから、普段の勉強からしっかりとこの点を意識していきましょう!細かいことですが、後々の大きな結果に繋げていくために、とても大事なことです。
学習塾講師 稲垣充
2016年9月26日
早いもので、9月も今週で終わりですね。そして、10月に入れば中学生の皆さんにとっては中間テストの時期ですね。「まだまだ先の事だから、テスト勉強は10月に入ってからやれば十分かな」と思っている人が多いと思われます。でも、普段の勉強の中で少しでもテストを意識した勉強を心掛けている人と心掛けていない人の差というのは、皆さんが思っている以上に大きな差となって出てきます。

決して無理をしろと言っているわけではありません。ですが、本当に「少しずつ」「少しずつ」を積み重ねてみてはどうでしょうか?分からない所は何度でも繰り返しやってみるのです。「努力に勝る天才なし」です。

ところで、話は変わってご家庭でペットを飼われているでしょうか?かくいう、我が家にもペットがおりました。しかし、今年の4月に10歳であの世へと旅立ってしまいました。とても悲しい出来事でした。たとえ動物であっても、私たちにとっては大切な家族の一員です。

もしかしたら、皆さんの中にもペットとの別れを経験した方もいらっしゃるかもしれません。ペットを飼う以上、受け止めなければならない現実です。しかし、そうは言っても別れを受け入れるということは本当につらいものです。…少々しんみりとした話になってしまいましたが、日々の生活が「当たり前のようにある」というのはとても幸せなことです。時間を無駄にすることがないように過ごしていきたいものですね。
学習塾 塾長
2016年9月23日
先日、友人たちと久しぶり(およそ1〜2年ぶり)のボウリングに行ってきました。学生の頃よく行っていたので、今でも人並み程度にはやれるであろうと高をくくっていました。が!…結論から申し上げると3ゲームのうち、一度も上位に入れませんでした。ここ数年は普段からまともな運動をしていなかったので、自分の体の鈍り具合に唖然としました。

イメージとしては華麗に投げているつもりなのですが、そのイメージに体が若干ついていかないのです。挙句の果てに、2ゲームでスタミナが切れかけていました。運動にはそれなりに自信のあった方なのですが、得意だとは二度と言えませんね。(笑) お恥ずかしい話ですが、「人間の身体というのは使わなければ、ここまで劣化してしまうものなのだ…」と、この歳になり身をもって知りました。

これは、体だけではなく、頭の方も同じだと思います。特に暗記が苦手だという人は、体が鈍らないようトレーニングするのと同じで、普段から少しでも努力をしておくのがいいかもしれませんね。私も機会を見つけて少し体を鍛えようかと思案中です。まぁ塾生の皆さんはまだまだフレッシュなので、体に関してはきっと少しくらい動かさなくても私のような事態にはならないでしょう…若いって素晴らしいですね。(笑)
学習塾講師 稲垣充
2016年9月21日
先日のリオ オリンピックに続いて、パラリンピックも無事に終了しましたね。日本人選手の活躍が連日放送されていましたが、オリンピックとパラリンピックのような大きな舞台で活躍した選手の皆さんの精神力の強さには、私たちも見習うべき点が多々あるように思います。

こんなことを言うとまたお説教を言っていると思われますが、「少々頭が痛い」とか「足や手が痛い」とか言って何かの言い訳をするのが恥ずかしくなってきませんか?そういう私もついつい体がしんどいのを言い訳にして…そうなんです!オリンピックやパラリンピックで頑張っていた選手達に負けないように、皆さんも(勉強・運動に限らず)自分がやれる精一杯の努力をしようではありませんか!

テレビを観て、競技を行う選手たちの姿からそんなことを思いました。「何事もやればできる。やる前に諦めてはいけません。」
学習塾 塾長
2016年9月20日
「台風16号接近に伴う授業のご連絡」
現在、日本列島を北上中の台風16号に関しまして、下記のように措置をとらせていただきます。各ご家庭でのご協力をよろしくお願いいたします。

・午後6時30分現在で、「特別警報」「暴風警報」いずれかが発令されている場合
→ 本日の授業は休講とさせたいただきます。

・午後6時30分現在で上記の警報が解除されている場合
→ 通常通り授業を実施します。

尚、警報が解除されている場合でも「安全を第一」に考えていただいて、出欠に関しましては各ご家庭の判断にお任せいたします。ご不明な点等ございましたら、お気軽に当塾までお問い合わせ下さい。
学習塾 塾長
2016年9月15日
二学期に入り、実力テストも終わって一段落着きましたね。中学1・2年生の皆さんは、テストが終わったからと言って気が緩むことの無いようにして下さい。そして、中学3年生の皆さんは、夏休みも終わって入試までおよそ半年となりました。残された時間は決して多くありません。これからは、「入試までの残された時間で自分が何をすべきか」今まで以上に真剣に考えてください。そして、やるべきと感じたことを必ず「実践」しましょう。

恐らく、上記のような内容はこの日記で何度か述べさせていただいている事なので、聞き飽きた人もいらっしゃるかもしれせん。ですが、この二学期のスタートの時期(少し過ぎてしまいましたが…)にこそ、今一度考え直してみて下さい。近々、模試の結果も返却されますので、それを活用するのも良いですね。

さて当塾では、今月より中学3年生の塾生の皆さんの中から希望者を募って、「ハイレベルクラス」を開講いたします。こちらのクラスは、「入試本番を視野に入れた難解な問題への実力を養成する」ことが主な目的となっています。平常授業では取り組むことが難しい公立・私立高校の難解問題をピックアップして、できる限り多くの問題練習を行っていきます。更なる実力アップを図りたい塾生の参加をお待ちしております。
学習塾講師 稲垣充
2016年9月12日
今年は先週・先々週と台風12・13号が現れて、穏やかならぬ天候となっています。幸いなことに、こちら東海地方へはさしたる影響を与えていません。(被害に合われている地域の方には、申し訳ありません。)

ただ、この東海地方では1959年(昭和34年)9月26日潮岬に上陸し、紀伊半島から東海地方を中心としてほぼ全国にわたって甚大な被害をもたらした「伊勢湾台風」がやってきた過去があります。中心付近の気圧895hPa、最大風速75m/秒のスーパー台風でした。死者4697人、行方不明者401人、負傷者38921人…これ以後の災害対策に関する災害対策基本法は、この「伊勢湾台風」を教訓として定められたものです。2013年の特別警報もこの台風のレベルが基準となっているのです。

とまぁ。今回はなにやら小難しいお話となりましたが、これも私たちが「その過去の教訓をもとに普段の心構えをつくっておく必要があるのではないだろうか」と感じたため一筆にしたためました。
学習塾 塾長
2016年9月8日
二学期が始まり、さっそく実力テストが実施されましたね。皆さん、夏休み中に塾で勉強した成果をうまく出せましたでしょうか?

当然のことではありますが、二学期に入り学習していく内容が難しくなっていきます。特に中学1年生の皆さんは、「一学期の内容との難易度の差が大きい…」と感じる人も少なくないでしょう。そうなると、普段の宿題や自習をどれだけ丁寧にこなしていくかが鍵になります。

例えば、数学に置き換えてお話するなら、計算の途中式を書かないと「自分がその問題を解いていく過程でどういう間違え方をしたのか」気がつきません。このように間違えた問題に対するケアが出来ていない生徒さんほど、同じようなミスをする傾向がとても強いです。(ちなみに…私のクラスでは、この点を踏まえて数学の直しはきちんと途中式を書いて提出させています。)

本番のテストでは、一字一句まったく同じ問題が出ることはまず無いでしょう。(ごく稀にあるかもしれないですが…。)やはり普段の学習態度から「考える力」を養っていくことが重要です。一つ一つの問題に対する接し方がいい加減だと、自分の弱点なんて分かるわけがありません。

「まだまだこの点が徹底できないなぁ」という人は、今からでも遅くありません。少しずつ、やれることからで構いませんから改善していきましょう。その為の協力を我々は惜しみません。
学習塾講師 稲垣充
2016年9月5日
秋が近づいています。「食欲の秋、読書の秋、行楽の秋」とも言いますね。何をやっても季節柄、楽しい時期ですね。しかし、残念ながら(?)中学3年生の皆さんは「勉強の秋」ですね。一方、小学生の皆さんは、外へ出て思い切り運動をしてお腹いっぱい美味しいものを食べて下さい。そして、たくさん友達を作って下さい。ご家族の皆さんと一緒の時間をもてると良いですね。

ところで私事ですが…先日の日記にも書きました通りサイクリングが趣味の私(塾長)は、「知多半島の師崎港から高速艇に乗って渥美半島の伊良湖港へと渡り、豊橋まで一気に走ろう」という計画をひそかに練っております。この計画が実現するかどうかは、自分自身への「思い入れ」です。皆さんもここぞと決めたら、真剣にその事を思い込むのです。すると、必ず実現します。私もこの計画が実現できたならば、この「大成しよう」でご連絡したいと思います。
学習塾 塾長
2016年9月2日
この台風10号(東海地方への直撃は避け、東北地方へ)の影響で、暑さも少しはやわらぐかもしれませんね。でも、今年の暑さは9月10日頃まで続くだろうと言われています。どちらにしても、ここ2〜3年は温暖化のせいか以前よりも暑さが身に染みますね…。

さて、いよいよ2学期のスタートですね。中学1年生の人は、1学期を過ごしてきて部活にも勉強にもだいぶ慣れてきた頃と思われます。「まぁこんなものか」「あ〜もうダメだぁ」と人によって色々でしょうが…そうなのです!この時期は中学生活の第一関門となります。ここを乗り越えていく人、壁にぶつかる人…ここで大きな差がつきます。ですから、目的を持って頑張っていきましょう!

中学2年生の人たちは、この2学期が3年生への布石となります。「まだまだ早い」「3年生になったら頑張るから」などと考えている人も多いと思いますが、時間が経つのなんてあっという間です。気が付けば12月の年末、そして学年末テストです。焦ることはありませんが、3年生になってから慌てないようにしましょう。

「志望校はどうしよう…」「内申点が…」「あ〜もう嫌だぁ…」とならないように、今のうちに行きたい高校も決めておきましょう!そして、それに向かって努力するのです。「備えあれば患いなし(早めに準備しておけば、その時がやってきても慌てる必要はないという意味)」です。

中学3年生の人たちにとっては、この2学期が人生を決する…とまでは言いませんが、泣いても笑ってもこれからの4ヶ月間が勝負となります。絶対に後悔をしないよう2学期に集中してください。細かいことは言いません。自分の行きたい高校をいつも頭の中にイメージし、そしてそこへ合格するために行動するのです。いつも「良かった!合格した!」と頭の中に思い浮かべるのです。決してネガティブ(後ろ向き)な考え方では無く、ポジティブ(前向き)に考えるのです。

私たちはいつも塾生の皆さんのそばにいます。そして、見守っています。
学習塾 塾長
2016年8月30日
本日は模試ですね。定期テストだけでは判らない「実力」がはっきりとする良い機会です。

この日記をご覧になっている頃はもしかしたら既に受験後かもしれませんが、この時期の模試は「結果」も大事ですけど、受けた模試に対するその後のアプローチの方が重要です。(特に中学3年生の皆さん)

残念なことに、「受けて、志望校の合格判定を見て終わり…」という傾向が強いですが、ちょっと待って下さい!模試は全範囲から出題されます。自分の弱点を把握するのにこれ以上のテストはありませんね。特に、社会や理科など、普段どこから手をつけていいか困っている科目がある人はこの機会を逃してはいけません。

重要な事に間違いないのですが、模試はあくまで「模擬」試験であって本番の入試ではありません。今回はたまたま自分の得意範囲が多く出題された可能性もありますから油断は禁物です。結果に一喜一憂するだけでなく、入試を視野に入れた今後のレベルアップに活用していくことに本当の意味があるのです。
学習塾講師 稲垣充
2016年8月26日
暑い日が続いていますね。皆さん、外に出かける際は熱中症対策などを忘れないようにして下さい。

さて、今日は私事になってしまいますが、お盆休みの事について少しお話しさせていただきます。先日、友人たちと「脱出ゲーム」というアトラクションが実際に体験できる所へ遊びに行ってきました。ゲームなどでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。この「脱出ゲーム」というのは、プレイする人達が同じ部屋に入って、暗号や置いてある道具などを駆使して、その部屋からの脱出を図るといった趣旨のアトラクションとなります。

残念ながら(ネタバレになってしまうので)ゲームの詳細をお話することができませんが、これがなかなか難しい!特に暗号を解く必要のある問題は、友人たちと共にあれやこれやと必死に考えていました。普段、私が皆さんと一緒にしている勉強とは少し頭の使い方が違っていて、とても新鮮でした。私の貧弱な発想力も少しだけ鍛えられかもしれません。(笑)

数学の図形問題などは、答えに行き着く過程において発想力を試されるような場面に出くわすこともあるでしょう。もしかしたら、役に立つことが…?単純に置き換えることはできないですが、こういった日々の出来事から得られる刺激を勉強やスポーツに活かしていくことが出来れば良いですね。
学習塾講師 稲垣充
2016年8月22日
皆さん、夏休みもあとわずかですね。宿題や提出物のやり残しは無いでしょうか?まだ済ませてない人は、今からでも計画を立てて、必ず提出期限までに間に合わせましょう。

さて、今回は今月末に実施される模試に関して、少しお話しさせていただきます。中学1年生の皆さんにとっては初めての、2年生・3年生の皆さんにとっては久しぶりの模試となりますね。1年生・2年生の皆さんは3科目(国・数・英)のみの受験となりますが、これまで習ってきた内容の実力を測るいい機会です。結果に一喜一憂するだけでなく、苦手分野をはっきりさせ、次のステップに活用していきましょう。

3年生の皆さんは初の5教科受験となりますね。今回の模試の結果(偏差値)で、県内における自分の位置をしっかりと確認しておきましょう。また、先ほども触れましたが、結果を見て終わるだけでは何の意味もありません。各教科のどの範囲が弱点かをはっきりさせ、受験までにそこを鍛えなおす為の「健康診断」のようなものと考えてみて下さい。悪い所をそのままにしておいてはいけませんよね?模試を受ける機会というのはそれほど多くはありませんので、一回一回の模試を有効に使っていきましょう!
学習塾 塾長
2016年8月8日
今回のお話は…余談話です。私の趣味の1つにサイクリングがあります。(えー!!気をつけないと!自民党の谷垣さんみたいに…ですって?)

週に1、2回程度、近くの犬山城やモリコロパーク、金城埠頭辺りまで走りに行きます。そして、年に何回かはロングライドで知多半島の師崎港(往復140km)まで行きます。ただ今の時期は暑いものですから、なかなか遠出はできなかったんです…。しかしとうとう、先日の日曜日(7/31)に仲間と走ることになりました。この暑さです…「どこまで走ろうか?」ということになり、「常滑あたりまで行こう」ということになりました。

朝の6:00に泰成スクールを出発して、国道41号と新川中橋を南に走り、名城公園を通って国道19号を南下していきます。やがて熱田神宮を左手に見ながらぐんぐんとスピードアップ!サイクルメーターの数値は時速30km/hまで上がります。仲間からの「先はまだ長いですよ。スピードはセーブしていきましょう」との声に、「本当だ…後でバテテシマウガナ」と気を取り直して25km/hまでスピードを調整します。東海市に入ったら1回目の休憩…走行距離20kmで約1時間半です。ここで十分に英気を養って次へ進んでいきます。

ところで…知多半島はチャリダーたちのメッカなのです。沢山の人たちが走っています。すれ違いざまに手を上げたりお辞儀をしたり…互いに挨拶を交わします。「頑張って走りましょう!!無理をしないようにね!!」などと、無言の会話を交わします。とっても気持ちが良いんです!

自転車ライドさて、道は聚楽園の大仏を頭上に見ながら新舞子海水浴場へと向かいます。その新舞子海水浴場を過ぎたあたりで、暑さが本格的になってきました。目的のセントレア辺りまでは頑張ろうという事になり、片道約50kmを走ったところで休憩、そして帰路へと向かったのです。

全行程約100km…時間にして9時間!久しぶりの遠出でした。暑さとの戦いで疲労が倍増し大変でしたが、走り終えた後の達成感は何物にも変え難い満足感がありました。やったあー!!

次回はもう少し涼しくなってから行こうと思います。皆さんも、目的を立てて何かをやり遂げてみてはどうでしょうか?!
学習塾 塾長
2016年8月1日
夏休みも早や2週間近くが過ぎましたが、「なんとなく過ぎてしまった…」という人も少なからず居るのではないでしょうか?このままでは、「何もしないでボーッと過ぎてしまう」という、まことに恐ろしい現実がやってくるかもしれません!決してあせることはありませんが、8月もスタートしました。当塾も8月11日からの夏休み前半の佳境に至るまで、ギアをトップスピードに入れ直したいと思っています。

まぁ、勉強の話はこれくらいにして…とうとうオリンピックが始まりますね。8月5日(金)〜21日(日)の17日間、世界各国のトップアスリート達の活躍が見られます。レスリングの吉田処沙保里や伊調馨の四連覇、体操の内村航平の団体総合のダブル金メダルなどなど、我が国日本の期待の選手たちが目白押しです。ぜひ選手たちの感動の場面を見ておきましょう。そして、自分の力にもしていきましょう!
学習塾 塾長
2016年7月26日
先日、配信されたスマートフォン(以下、スマホ)アプリ「ポケモンGO」。元々、海外で大流行していたこともあり、話題性はバツグンでしたね。予想通り、先週末は街中でこのゲームをやりながら歩いている人を大勢見かけました。実際に外を歩いてポケモンを捕まえるなんて、すごい時代になったものだなぁと思います。白黒のゲームボーイでポケモンをやっていた世代の私からすると、尚更です。(笑)

話は戻りますが、先週末に栄を歩いていたら、スマホを一生懸命見ながら歩いている人と危うくぶつかりそうになりました。他にも、歩いている人が急に立ち止まったと思ったら、他の人たちもおもむろにスマホを取り出しその場所で立ち止まると言った光景を目にしました。正直、異様な光景でしたし、後ろの通行の妨げにもなっていました。

私も10代の頃ゲームに夢中になっていたこともあるので、ゲームそのものを否定する気はまったくありません。ですが、このように他の人の迷惑を気にしないで夢中になるのはいかがなものかと思います。非常に痛ましいことに、海外では大きな事件にも繋がってしまっています。ゲームをやるにしても、モラルやマナーを守っていきましょう。

あ、3年生の皆さんは流石に我慢してください。(笑) 耳にタコができるかもしれませんが、受験生だという自覚をもってこの夏休みを過ごしてくださいね。
学習塾講師 稲垣充
2016年7月19日
一学期も終わりですね。振り返ってみて、皆さんは勉強や部活などで満足のいく学校生活を送れたでしょうか?「頑張った!」「自分なりに満足のいくものだった」と考えている人もいれば、「もう少し頑張れたかなぁ…」と考えている人もいるかもしれません。

感想は三者三様だと思いますが、時間は待ってくれません。「次に向けて何をしなくてはいけないか」をこの夏休みにしっかりと考えて、実践し(この実践がなかなか難しい!)、有意義な時間を過ごしましょう。

特に三年生の皆さんは、一学期の通知表の結果が進路を決める上での一つの指標となる大事な時期ですね。もしも、結果が納得のいくもので無かったとしても、まだまだ諦める時期ではありません。当たり前のことですが、そういった人ほどこの夏休みをどういう気構えで過ごしていくかが重要になります。

目標を決めることも大切ですが、それを達成するための努力を「実践」しなくては意味がありません。泣いても笑っても最後の中学生活です。悔いの残らないように過ごしていきましょう。
学習塾講師 稲垣充
2016年7月11日
夏期講習のお知らせです。当塾では、来たる7月20日(水)より、以下の内容で夏期講習を開始いたします。

中学1年生 … 15日間 (※2科目の場合は10日間)
中学2年生 … 15日間 (※2科目の場合は10日間)
中学3年生 … 26日間 (※2科目の場合は16日間)

ただし、中学3年生に関しましては席が残りわずかとなっております。もし、当塾での夏期講習受講をお考えになられている場合は、お早めのお問い合わせを下さるようお願い申し上げます。

また、小学生(5・6年生)を対象とした英数クラスの授業も実施いたします。こちらはきめ細かい指導を行う為、6名様限定でのクラス設置となります。「中学校への進学にあたって、英語が少し不安だ」「英語への抵抗感を無くさせたい」など、不安を抱えている方は、是非ご検討ください。
学習塾講師 稲垣充
2016年7月1日
皆さん!!少し先の話になりますが…期末テストが終わって、7月に入ればすぐにやってくるのが夏休みですね。「さぁー!休みだぁー!!」「学校も休みになったし、何をして遊ぼう?…海に山、それにプールや遊園地、夢は果てしなく広がりますね。

でも、ちょっと待ってください。勉強は無しですか?「えー?固いこと言わないでよ」「夏休みぐらい好きにさせてよ!」「テレビも見たいし、ゲームもやりたいし…」なんて声も聞こえてきそうですが、こんなことを言っているとキリがありません。

もちろん、「絶対に遊んじゃダメ!」とか「この休みの期間にしっかりと勉強をして、2学期に備えましょう!」なんて野暮なことは言いません。当塾が言いたいのは1つだけです。ぜひ心に留めておいて下さい。

中学1年生と2年生の子は、この夏休み中に何か1つ「テーマ」を作ってみてください。もちろん、勉強のことについてです。中学3年生の子は、子の時期にしかやれないことがあると思います。…それは中1・中2の弱点の補強です。これは絶対に必要なことになります。

5教科を一通りあたっておく必要があると思います。もちろん、そのためには塾も上手に活用してください。先生をつかまえて、積極的に質問を繰り返しましょう。私たちもトコトン付き合いますよー。
学習塾 塾長
2016年6月20日
さて、いよいよ本日から期末テストの対策授業が開始されます。ほぼ毎日塾がありますから大変でしょうが、休まずに出席をしましょう。

今回の期末テストは、楠中学が8教科(美術無し)、豊山中学が9教科となります。中間テストより科目数が多いですから、早めかつ計画的に試験勉強を始め、実技4科目にも時間をかけましょう。実技4科目をおろそかにしない事が、内申点アップに繋がります。3年生の皆さんは特にその点に注意をして、期末テスト対策に取り組んで下さい。(塾での質問等も積極的にして下さい!)
学習塾 塾長
2016年6月17日
今回は試験勉強に対する取り組み方についてお話します。試験勉強の仕方も人によって多種多様ですね。

A.塾の試験対策授業だけを頼りにして、自宅ではほとんど勉強をしない人。
B.塾の授業と家での勉強を両立させ、塾で配布されるプリント等を活用する人。
C.塾での授業では物足りず、家や図書館で自習をする人。

皆さんはどのタイプでしょうか?今までを振り返ってみて、どのタイプに当てはまるかを分析してみて下さい。「努力する」「しない」はそれぞれの考え方です。これは決して強制されるものではありません。ましてや、強制されて嫌々やったところで、学習した内容が身につくとは到底思えません。皆さんが試験勉強をする上で「何を目的とし」「どうすべきなのか」をしっかりと考えて、自分に合った勉強方法で取り組んでいってください。

最後に…時間は使いようによっては、長くもなり、短くもなってしまいます。「少年老い易く学成り難し」(訳=若いうちは、まだ先があると思って勉強に必死になれないが、すぐに年月が過ぎて年をとってしまい、何も学べないうちに年老いてしまう)。知識を吸収するのは今しかありません!
学習塾 塾長
2016年6月14日
六月の梅雨シーズンをむかえ、何か気持ちも天気もジメジメした季節となりました。しかし、期末テストはそんな事とは関係なしにやってきます。一学期の成績を決める大切な試験ですね。

中学1年生、2年生の皆さんはそれぞれの目標点を設定し、それに向かって一緒に頑張りましょう。中学3年生の皆さんは、保護者会における進路の話し合いの資料となります。まだ進路が定まってない生徒さんは「自分がどの高校を目標とするのか」を、目標がある程度定まっている生徒さんは「その目標に向けてこれからどの位頑張らないといけないのか」を、この機会にしっかりと見つめなおしてください。

この時期は「志望校が無理だと諦めたり」「ランクを下げたり」する時期では決してありません。目標とする高校を「決める」時期なのです。私たちも皆さんの目標に向けて、微力ながら助けになればと思います。
学習塾 塾長
2016年6月6日
泰成スクールのホームページを新たに作り変えました。泰成スクールでは小学生と中学生を対象に、「思考力を育む授業」を行っています。「考える力」を鍛えると基礎学力の向上にもつながり、また高校受験などの入試時だけでなく、高校卒業後(大学や社会に出てから)に役立つ力も身に付きます。

名古屋市北区(楠、豊山近辺)の小学生と中学生(特に楠中と豊山中の生徒さん)で学習塾をお考えの場合は、一度体験入塾だけでもしてみて下さい。きっと他の学習塾と一味違う指導法を感じていただけるのではないかと思います。
稲垣充
  • 授業(指導法)について
  • 学習塾のコースと料金
  • 泰成スクール塾生の声
  • 泰成スクールとは
  • 学習塾へよくあるご質問
  • 塾へのお問い合わせ
  • トップページに戻る
塾生専用 学習用コンテンツ
  • 授業カレンダー
  • 進学塾の指導コラム
  • 今日の宿題
  • 塾生と保護者の方々へ