学習塾の日記バックナンバー

  1. トップページ
  2. 稲垣充の「大成しよう!」2018年
「入塾の面談について」
2018年2月7日
現在、新学年への移行期間として、小学生や個別クラスを対象に面談会を行っています。私も一部の小学6年生の方と面談を行っており、集団クラスの説明などをさせていただいております。集団クラスに関しては、面談にあたって必ずご本人さんの意志を確かめさせてもらっています。その子その子によって色々と違った話をしていますが、必ず確かめさせてもらっている内容が以下の2つです。

1.「自分の意志で集団クラスを希望するのか?
2.「宿題や小テストの準備をきちんと出来るのか?

1の「自分の意志で集団クラスを希望するのか?」に関しましては…
これは授業の形態として「集団クラスがその子に合っているのか」という部分にも関わってきます。当塾の集団クラスは講師が淡々と授業をするのではなく、宿題の解答や授業中の内容に関して、生徒さんたちに答えてもらう形式をとっております。間違えた子を叱ったりなどはしませんが、「当てられたりみんなの前で答えたりすることが、性格的にどうしても苦痛になってしまう」という子は、集団形式の授業そのものが合わないのかもしれません…。

受け身の授業ではなく自分から授業に参加できるようにという目的がありますが、無理強いをして勉強を嫌いになってしまっては意味がありませんし、何よりもその子の為になりません。こういった理由から、ご本人さんの「頑張りたい」という意志を大切にさせてもらっております。

2の「宿題や小テストの準備をきちんと出来るのか?」に関しましては…
当塾では、その日までに行った授業内容の定着を図るため、毎回それなりの量の宿題や小テストを課しています。学んだ内容を「分かった」で済ませるだけでなく、解き直すことで自分のモノにする…といったことに重点を置いています。これをいい加減に行い、次の単元に進んでもあまり効果は出ません。

また、当塾(の集団クラス)では「学校の宿題をないがしろにしてまで塾の宿題を優先させない」ということを方針としております。塾の宿題が影響して学校の宿題を疎かにしている…なんて状況になってしまっては本末転倒です。この約束が守れないということは、集団クラスに通うこと自体がその子の為にプラスになっていないと判断せざるを得ません…。

少し厳しいお話をさせていただきましたが、塾はタダで通える場ではありませんし、何より大切なお子様をお預かりしている立場です。妥協で授業を行うことはできないという想いから、このようなスタンスを取らせていただいております。何卒ご理解いただけると幸いです。
学習塾 講師
「体調には気をつけて下さい」
2018年2月6日
最近、少し心配になっていることがありまして…それは、インフルエンザが流行っていることです。当塾でも「インフルエンザにかかってしまい、対策授業に来られない…」なんて生徒さんが何人かいらっしゃいます。特に、中学3年生の皆さんは私立高校の入試が間近に迫ってきていますので、十二分に気をつけて下さい。

さて、本日から中1・中2クラスの皆さんはテスト対策期間に入ります。平常の授業とは時間が変更になる部分もありますので、配布した時間割をよく確認して間違えることの無いようにして下さい。今回のテストは各教科、範囲が広めになっていますね。中学1年生の皆さんは、今までとは勝手が違って「何から手を付けていいやら…」と困ってしまう人もいるかと思います。授業中にもお伝えしましたが、まずはワークや小テスト、提出したノートを見直して下さい。そうすれば勉強し直すべきポイントがある程度分かるはずです。こういった広範囲のテストを勉強するにあたっては「時間をかけるべきポイント」をきちんと見極めることが重要です。

範囲が広いときは出来ている単元や得意な単元だけに時間をかけても、思ったような得点には繋がらない可能性が高いです。各単元を勉強するとき「その内容がどれだけ出来ているか」で、「そこにかける時間」が変わってくると思います。時間を上手に使って勉強するためにも、「基礎力が身についているのか」今一度チェックしておくようにして下さいね。疑問点などがある人は試験前までに遠慮なく質問に来てください!
学習塾 講師
「個人面談 〜中2クラス編〜」
2018年2月1日
現在、中2クラスを対象に「個人面談」を行っております。(この面談に関しましては、前回の日記でも触れさせていただきましたので、よろしければ是非お読み下さい。)

皆それぞれに質問・相談したいことを用意してくれていたようで、その疑問に出来る限り答えられるようにお話しをさせてもらいました。面談が終わった子には12月に受けた模試の結果も随時返却しておりますので、まだお子さんから見せてもらっていないという親御さんはご本人さんに確認をとってみて下さい。

時期的なこともあり、面談そのものはやはり高校に関する話をした子がほとんどでした。志望校がある程度固まっている子もいれば、まったく決まっていない子もいたようです。ですが、後者の子たちも具体的な学校名までは挙がらないまでもぼんやりとはイメージ出来ていたみたいで、例えば「大学進学を考えているけど、周りの環境に流されやすいからある程度引っ張ってくれるよう環境が良いです」とか「部活を頑張りたいから、部活が活発なところに行きたいです」など、色々な想いを持っているようでした。

中学2年生の皆さんは進路の決定を焦る必要はないと思いますが、少しでもイメージを持つことがモチベーション維持の面でも重要です。面談でアドバイスさせてもらったことが、少しでも参考になれば幸いです。

このような面談を通してコミュニケーションを取り、子ども達が勉強以外のことでも日々何を考えどういう想いを持っているのか…その一端を知ることは、学習指導を行う上でとても大切なものだと考えております。
学習塾 講師
「次は中2クラスの個人面談会です」
2018年1月26日
先日、中2クラス向けに来週から実施する「個人面談」の日程を連絡しました。この「個人面談」は以前、中1クラスの子たちを対象に行ったものと同形式の面談となります。ただ、中1クラスの子たちとは違って、中2クラスの皆さんは来年度から受験生となりますので、その辺りのことを中心にしてお話しをしていこうかと考えております。

個人面談の書類「個人面談」をするにあたって事前に写真のような資料を配布し、必要事項を書いてくるように指示を出しました。塾生のみなさんに記入してもらう内容は、志望校やその他勉強などに対する質問など割とシンプルなものです。中2クラスの皆、しっかりと書いてくるように!

正直なところ、志望校の決定に関してはまだ早いかもしれませんが、今回の「個人面談」を機に少しでも将来や進路についての意識を持ってもらえればという意図もあります。子ども達にも「今の段階では”絶対にここを目標にする!”と言ったガチガチものでなくていいから」と伝えました。

明確な「目標」がないと日々の勉強がつらいものになってしまう可能性がありますから、ぼんやりとしていても構わないので「目標」を抱いてもらい、モチベーションを保つことが大切だと思います。
学習塾 講師
「環境を整える」
2018年1月24日
塾の教室の目隠し先日、A教室出入り口の扉に写真のようなシートを貼りました。(ちなみに…手先が不器用な私に代わって、作業自体は塾長が行ってくれました。ありがとうございます。)

集団クラスと個別クラスでは開始・終了時間が違いますので、集団クラスが授業を行っている最中に個別クラスの子たちが帰宅するということもあります。集団クラスのお友達の様子が気になるのか、帰り際にA教室の中を覗く子もいて、それが少し気がかりになって今回のようなシートを貼るに至りました。

(集団クラスの)授業の様子が気になって覗くことが悪いとまでは言いませんが、それによって授業を受けている子が気になってチラッと後ろを振り返る…なんてことも稀にありました。やはり、集中ができる環境で授業を受けていただくことが子ども達にとって最良であり、その為の環境を整えることも私たちの大切な仕事の一つです。

さて…天気予報によると、今日の夜から雪が降るようです。台風では無いので基本的に授業はお休みとはなりませんが、塾に来られる際は十分に気をつけていらしてください。
学習塾 講師
「上辺だけでなく中身を伴わせることの大切さ」
2018年1月17日
現在、中1クラスでは「立体の表面積・体積の計算」の説明が一通り終わり、少し進めるスピードを落として同分野の小テストと問題演習を実施しているところです。そこで今回の日記では、テスト直しや宿題ノートを添削していて私なりに気になることがありましたので、その辺りのことに触れつつお話をさせていただきます。

さて、その気になったことというのは…「解き方」にばかり気をとられて、肝心な計算で気を抜いてしまい間違えてしまうといった解答が目立つことです。こういったタイプの間違え方は、解き方は分かっていたから大したミスじゃないと捉えがちになってしまい、それが原因で「図形の計算」の得点がなかなか安定しなかったりすることも少なくありません。(※ちなみに、ここでいう「解き方」とは、例えば「三角形の面積…底辺×高さ÷2」などといった、図形の問題を解くために公式に当てはめて考える作業などが該当します。)

冒頭で「先に進めるスピードを落としてでも演習や小テストに時間を割く」とご説明した理由がここにあります。もちろん、「解き方」だけを教えてすぐ先に進めることも出来ますが、それでは本当に理解したことにはなりませんし、そのような指導は子ども達の為になるとも思えません。1学期に学習した「計算」の分野と同様に、ここは練習をきちんとこなしておかないと絶対に良い結果には繋がりませんので、その為の反復練習という意味を込めての小テストであり宿題なのです。
学習塾 講師
「卒塾生からの相談」
2018年1月12日
先日、ある卒塾生の子から進路についての相談を受けました。小牧南高校に進学したその子は、進級するにあたって「応用クラス」に入るべきかどうかで悩んでいたようです。

傍から聞いていると、「ん?そんなの悩まずに応用に行った方がいいじゃない?」と思うかもしれません。ですが、話を聞いてみるとその子はとある私立大学を志望しているようで、それに対し応用クラスは国公立大学を受験することを前提しているようなのです。つまり、受験科目は3科目だけ勉強すればいいけど、普段の授業や定期テストでは(基本的には)5教科7科目を高いレベルで勉強していかなくてはいけない…ということですね。ん〜これは悩みどころだと思います!

私なりに受験の経験を踏まえて「普段からの積み重ねが大切だよ。最終的には想像以上の大きな差になると思う」などと、出来る範囲でのアドバイスをさせてもらいました。また、この子自身も厳しい環境に身を置くことで成長が望めると思ったのか、応用クラスに進む方向にしたようです。頑張って第一志望に合格してくれるよう願うばかりです。

今回の日記でご紹介させてもらったように、たまに卒塾生が連絡を入れてくれたり、遊びに来てくれたりします。卒塾生の皆さんの元気な顔や様子を窺える嬉しい瞬間ですね。この仕事をしていて良かったと思える時でもあります。
学習塾 講師
「2018年の初日記となります」
2018年1月10日
皆さん、お正月はどのようにお過ごしだったでしょうか?私は例年通り、学生時代の友人や先輩方とご飯に行ったりして楽しんできました。こういった休み期間くらいでしか友人たちとゆっくり話すことができないので、私にとっては貴重な期間でもあります。

そんな中でも、T君という高校の同級生がいて、彼とはお仕事の話で盛り上がることが多いです。(ちなみにこのT君、こちらの日記でご紹介した交流会の主催者でもあります。) お互いにまったく違う業界にいるのにお仕事に対して有意義なディスカッションができ、尚かつ独立して事業を起こしている「年の近い友人」なんてそうはいないので、他とはまた違った刺激をもらうことが出来ます。

皆さんにもそんな友人はいますか?刺激をもらう内容はスポーツ、勉強、趣味…どんなことでも構いません。そういった友人は得難い上に自分の成長にも繋がりますから、是非とも大切にして下さいね。

さて、中学3年生の皆さんは本日から「三学期・総合テスト」の対策期間へと突入します。冬期講習が終わって息つく間もないでしょうが、定期テストとしてはこれが最後の踏ん張りどころです。絶対に後悔のないように臨んでください。そして、試験前に体調を崩してしまうとそれまで積み重ねてきた努力が水の泡になってしまう可能性がありますので、今まで以上に体調管理にも気をつけて下さい。
学習塾 講師
「年始のご挨拶」
2018年1月1日
あけましておめでとうございます。旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。本年も何卒、泰成スクールをよろしくお願い申し上げます。

さて、昨年度の公立入試では入試制度の変更が実施されるなど、新しい試みが行われましたね。しかし、恐れることなく目の前のなすべき事を一つ一つ着実にこなして下さい。その積み重ねが皆さんを支えていくのです。

泰成スクールと名を改めてから無事に15年目を迎えることが出来ました。これもひとえに塾生や保護者の皆様をはじめとする、地域の皆様の暖かいご支援とご愛顧の賜物であります。職員一同、改めて心より御礼申し上げると共に、来る年も変わらぬご支援とご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
学習塾 講師
  • 授業(指導法)について
  • 学習塾のコースと料金
  • 泰成スクール塾生の声
  • 泰成スクールとは
  • 学習塾へよくあるご質問
  • 塾へのお問い合わせ
  • トップページに戻る
塾生専用 学習用コンテンツ
  • 授業カレンダー
  • 進学塾の指導コラム
  • 今日の宿題
  • 塾生と保護者の方々へ